プランナーの役割

イヤホンマイクをつけた女性のアップ

最近では節税対策として保険商品を活用することが増えています。しかしどのような保険契約を行えばよいのか、またどうすることで最も大きな節税対策が行えるのかなどの疑問を持つ人も多いです。その際相談する専門家として以下の様な人が存在します。 まず挙げられるのがファイナンシャルプランナーです。一般的に保険の見直しを行うというイメージが強いですが、実際は様々な目的に応じた保険商品の提案をしてくれます。そのため節税対策に効果的な保険商品や組み合わせの試算を行ってくれるのが強みです。 次に挙げられるのが税理士です。税のスペシャリストである税理士は、同時に保険も取り扱っていることが多く、効果的な節税対策を行うことが可能です。ただし取り扱っている保険商品の種類が少ないこともあるため、その点について留意しておかねばなりません。 上記のような専門家たちに相談し、適切な節税対策を行うことが重要です。

保険の加入による節税対策では、生命保険や個人年金や介護保険と言った物に対して、年末調整で所得税が返ってくる事となり、その事を考えてもやはり保険の加入ではとても有利な節税対策を行う事が出来ます。 所得税が多い方に関しては、色々な方法で還付してもらう方法があり、住宅ローン控除や保険の加入による控除により戻してもらえる所得税が増えると、それだけ節税対策を行えた事となります。 それぞれの保険に関してもやはり節税対策としての効果を上げる事となればそこで有利な状況となります。しかし頭打ちが4万円と言った状況で生命保険も個人年金も介護保険もある為、それぞれに還付の部分で戻る金額を考えて保険に加入し過ぎてもあまり効果が無い状況となります。