負担の軽減

家の模型の上のクローバー

通院が短く、手術や入院の必要がない病気やケガの場合であれば家計への経済的な負担が比較的軽く済みますが、通院が長引いたり入院、手術などを要する場合には家計への経済的負担が重くのしかかってきてしまいます。 そのような事態にならないためにも、もしもの病気やケガの備えとして保険に加入することをオススメします。 一口に保険といっても保険会社によって様々な保険を提供していますが、一般的に病気やケガの備えとしての保険は医療保険、ガン保険、傷害保険などがあります。 このなかでも特に病気やケガの備えとしてぜひ加入をオススメしたいのが医療保険です。 医療保険の種類の中で、女性専用の医療保険である女性向け保険について見ていきます。

保険会社により保証内容に違いはありますが、女性向け保険は一般的な医療保険の保証にプラスして、子宮の病気や乳房の病気などの女性特有の疾患を手厚く保証してくれる保険になります。 近年は子宮筋腫や子宮内膜症、子宮がん、乳がんなどにかかる女性が増えてきており、子宮内膜症は2人に1人、乳がんは女性がかかるガンの部位トップ、子宮がんは5番目に多いとなっています。 このことから子宮の病気や乳房の病気は女性にとって身近な存在であるため、もしもの時の備えとして女性向け保険は頼りになります。 女性向け保険の月々の相場として30歳で定期保険契約の場合1300円〜8000円、終身保険契約の場合2000円〜4000円が相場となっています。