肺が苦しい

肺がんとは人間の肺と呼ばれる臓器ががん細胞によって侵され、それにより肺の健康な細胞が死滅してしまう病気のことを言います。
この肺がんは日本人の発生率が非常に高く、その中でも喫煙をしている人の発症率が非常にたかいと言われています。
肺がんのがん細胞には小細胞がんと非小細胞がんがあり、それぞれの進行速度が違うので別々の方法で除去します。
肺がんは40代後半の年代の人の発症率が非常に高く、その数は年々増加しています。
また、肺がんはがんによる死亡原因のトップでもある非常に危険な病気です。
しかし、早期発見をすることで適切な治療を受けることで、きちんと完治することも出来ます。
ですので、咳が止まらない、血痰が出るなどの以上を感じたらすぐに近くの病院に行き治療してもらうことが大切です。

肺がんの治療法は抗がん剤治療や摘出手術などの方法があります。
この2つの方法はがん治療の中でもポピュラーな治療方法でそれぞれにメリットが有ります。
どちらの治療がいいかは主治医にきちんと相談して選ぶとよいでしょう。

抗がん剤治療とは肺がん治療の中でもよく行われている治療方法で、多くの専門医がこの治療方法を取り入れています。
抗がん剤とは、がん細胞の進行や増殖を抑える効果のあるくすりのことで、この薬を服用することによりがん治療を行います。

抗がん剤を使用するとがん細胞が他の臓器に侵食していく速度を抑えることが出来ます。
しかし、この薬には副作用があり、その副作用の症状は体質によっても変わってきます。
ですので主治医の説明をきちんと聞き、用法用量をよく守り使用することが大切です。

摘出手術も抗がん剤治療と同じ用にポピュラーながん治療方法です。
この治療方法は肺に広がったがん細胞を直接摘出することで進行や増殖などを抑えます。
摘出手術を行なえばがん細胞を完全に取り除くことができるのでがん治療としては最も効果のある治療法だと言われています。
しかし、手術による摘出を行った後でもがん細胞が再び発生する可能性があるので、アフターケアをきちんと行うことが大切です。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
    お金を払う

    抗癌剤の効果

    抗がん剤にはプラチナ製剤 、植...

    Readmore
    禁煙

    色々な治療法

    肺がんを治療する治療法には、放...

    Readmore
    火を消す

    摘出手術の効果

    摘出手術を行うことでがん細胞を...

    Readmore